ビューティーコラム.net 水耕栽培メモ

キュウリお疲れ気味

2013.07.06(Sat)

さて、暫くブログ更新してませんでしたが
ネタは結構あるんですよ。
ただ、忙しくてねぇ。。。仕事があるだけありがたいんですが
ただただ忙しくてねぇ。。。

さて、ベランダ菜園のお話

キュウリさんですが順調でございます。

画像:キュウリ収穫10~13本目
2013_07_06_01_キュウリ
画像:キュウリ収穫14本目
2013_07_06_02_キュウリ
画像:キュウリ15本目
2013_07_06_06_キュウリ収穫

ただ、最近キュウリ様の見た感じが
疲れ気味ですかねって感じになってまいりました。
噂によるとキュウリは自家中毒があるから
水耕栽培にはむかないなんて噂を
ちょっとだけきいたことあるんですけど

定植からやく2ヶ月経ってるけど
それで終わるのは短いような?

まぁ ちょっと様子見ですねぇ

画像:キュウリお疲れ気味
2013_07_06_04_キュウリ


スポンサーサイト

折ってしまった脇芽

2013.06.29(Sat)

液肥濃度:2.39ms/cm

今日は液肥をプラスしましたけど
2.0ms/cm で管理していた最近に比べたら
結構高い数値になってしまいました。


画像:折れてしまった脇芽(サブ)
2013_06_29_05折れちゃった

トマト棚をつくって、自重で倒れ込むから誘引要らず!
なんて思い描いた時期がボクにもありました。

ところが、ぶっとく育った茎はそうやすやす曲がりません
しかたないのでエッチラオッチラ誘引をしはじめたときです。

ぽきんっ

いや~な音がなりました。なんと主茎の次に太い伸びた脇芽部分が
ぽっきりと折れてしまったのです。

実も4つくらいついてたのに・・・
もったいなーーーーい(泣)

画像:トマト全景(上から)
2013_06_29_04大玉トマトミニトマト上から

画像:トマト全景(下から)
2013_06_29_03大玉トマト下から

いつまで成長を続けるかは全くの謎なんですが
もうちょっと綺麗な棚状にしたいところ。

さて、定植からおよそ2ヶ月が過ぎようとしてる現在
なかなかのモサモサぐあいになってまいりました。
実も、第1果に引き続き数個の実が膨らみ始めています。

画像:第3果
2013_06_29_07大玉トマト第3果

あ、心配だったミニトマトの実ツキも
かろーじて、あくまでも、かろーじて ですが
色々と膨らみだしてらっしゃいました。

画像:ミニトマト アイコ
2013_06_29_08ミニトマト実

う、上手くいけば目標の100個も・・・
前に、何も調べずに実家でやってた頃に比べたら
現段階で既に、結構安定走行で期待値が高いのでした。
8月が楽しみだな~

キュウリまだ順調

2013.06.29(Sat)

画像:ウドンコ病
2013_06_29_06キュウリウドンコ病

また、ウドンコ病の再発生ですよ。
勘弁してくださいよ~

で、こないだホームセンターで買ったウドンコ撃退薬は
たしか2回まで使ってヨイとのことなので
本日2回目の塗布としました。こんごウドンコ病が再発した場合は
「納豆菌」をベースとした。何度塗布してもOKなものを使おう。

画像:キュウリ7本目
2013_06_29_01キュウリ7本目

画像:キュウリ8本目&9本目
2013_06_29_02キュウリ8本目

キュウリは、最初の収穫から、ちょっと間をあけて
今日~明日以降に収穫ラッシュが来る予感。
キュウリって液肥の消費量も多くて、収穫も見逃すと
ヤバイ大きさになりそうだったりで・・・

時々嫌になります。(爆)

手軽に収穫を楽しめるってことで絶対に植えたい一方で
取れすぎると嫌になるという人間のサガーーー

でも、ちゃんとお世話してゆこう。。。

キュウリは相変わらず

2013.06.23(Sun)

ちなみにキュウリは順調だったりします。
ミドリのカーテンやるならキュウリがええんちゃうの?
って密かに考えてしまうほどキュウリは好調です。

画像:キュウリ全景
2013_06_22_02_キュウリ全景

葉が大きく、しかも元気です。
ウドンコ病にブースとがかかる前に防止薬を散布したお陰か
しょっちゅう兆候が現れては葉事排除していたウドンコ病を
見なくなってしまいました。

恐るべし、、、薬品

さて、収穫したもののお味はと言いますと
おいしゅうございました。やはり採りたてって良いですね。


画像:キュウリ5本目
2013_06_22_01_キュウリ5本目

画像:キュウリ6本目
2013_06_22_07_キュウリ6本目

ミニトマトアイコ不調かも

2013.06.23(Sun)

液肥濃度は相変わらず
EC 2.0ms/cm 付近

画像:大玉トマトの第1果
2013_06_22_06_大玉トマト実

流石に前回の撮影に比べたら大きくなってるのが解る。
しかし、鬼花って思ってた方の実、思ったより悪いカタチになってない
鬼花ではなかったってことになるのかなぁ?

画像:大玉トマトの葉(生長点付近)
2013_06_22_08_大玉トマト葉

液肥濃度間違えの被害をもっとも受けた風に見えた大玉トマト
でも、すっかりもち直して、生長点付近の葉の黄緑が綺麗ですね~
でもね、元気だって思ってたミニトマトに問題が発生してるんですよ。

何個も何個も花をつけてるんですけど
実ツキがわるいったらもう。。。

で、色々と原因を考えてみたんですけど
根っ子は元気だし、葉にも異常が見られない
茎も元気なもんですよ。

で、残る原因を考えてみると
ミニトマトの定植した場所ってのが一番濃厚
大玉トマトが大きく育つことによってすっかり日陰になり
1日の日照時間が事実上3時間程度かもしれないという悲劇
これは、甘めに設定した目標100個ですら達成できるのは夢的な!?
あ~ミニトマト食べ放題、期待してたんだけどね~

これ、解消するとしたらもう一台栽培機導入か
キュウリを育ててる装置を来年はミニトマトにあてて
来年からキュウリを土耕にする?

それか、来年は大玉トマトかミニトマト
どちらかに絞る。

う~ん 難しいですね。
休眠期間の冬にジックリ考えましょう。

画像:挿し木は萎れずに元気
2013_06_22_03_ミニトマト挿し木

プランターに適当に刺しておいたミニトマトの脇芽
萎れないで未だにスクッと立っています。
素晴らしい生命力ってやつでしょうか
これは意外とミニトマト収穫100個以上の夢の鍵を掴んでいるのは
この脇芽出身の苗なのかもしれません。

が、がんばってくれw

プロフィール

candle1234

Author:candle1234
水耕栽培を始めてみました。

初心者ってこともあるし忘れっぽいので色んな管理が適当になる恐れがあり手帳に記録をつけようとしたものの見やすく整理するのは至難の業、いまひとつ気分がのらず。そこでブログを利用して記録をとってみようと考えたのです。

栽培環境はベランダで日照時間は午後からの4~5時間という短さで決して良い環境ではありません、でもトマトとか日光を好む野菜を育てたいんですよね~。無理かな~どうかな~

2013年夏収穫目標
大玉トマト 15個収穫
ミニトマト100個収穫
キュウリ  10本収穫
ピーマン   1個以上
バジル    沢山収穫

降雨情報

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。